ロボアドバイザーのアルゴリズムとは? | ロボアドバイザーのきほんのき 利回りから税金まで

HOME » ロボアドバイザーの基本 » ロボアドバイザーのアルゴリズムとは?

ロボアドバイザーのアルゴリズムとは?

みなさんは、全自動で資産運用をやってくれるサービスを、知っていますでしょうか?
それは、ロボアドバイザーと呼ばれる金融商品です。
ロボアドバイザーには独自のアルゴリズムが採用されていて、そのアルゴリズムが投資家の資本金を運用してくれる仕組みになっています。
そもそも、ロボアドバイザーのアルゴリズムとは、一体何なのでしょうか?

アルゴリズムは、簡単に説明するとプログラムのことです。
ロボアドバイザーに採用されている金融アルゴリズムは、投資家から預かった資金の取引をマネージメントするプログラミングが施されています。

投資家の労力を減らすロボアドバイザーの機能の一つに、ポートフォリオのリバランス機能が挙げられます。
これは、市場のリスクの変化に応じて、ポートフォリオの中身を入れ替えていく機能のことです。
例えば、リスク回避傾向が強い市場動向が鮮明になった時には、変動の少ない国債にポジションの比率を傾かせて、変動をできる限り抑えます。
逆にリスクをとってくる市場になると、株式やETFなどの変動の大きな銘柄にポジション比率を傾けていきます。
このように、本来なら投資家自らが行う投資行動をアルゴリズムは、すべて代わりにやってくれるというわけです。

ロボアドバイザーの気になる利回りは、銀行金利より高く、株式のデイトレードよりも低いと考えておくといいでしょう。
大体3%前後が通常の市場傾向での利回りで、好調の時になると6%以上の高利回りを稼ぐことができるようです。
銀行よりもはるかに金利が高いのですが、なぜこのような金利が実現できるのかと言うと、やはり投資家側にリスクがあるからだと言えるでしょう。
リスクを取る代わりにリターンを得られるようになっていると言う、投資の世界の基本的な原理原則です。
高い配当金だからといって、怪しい商品だというわけではありません。

さて、そんなロボアドバイザーですが、どういう業者を選ぶと、資産を失うと言った最悪の失敗を起こさないのでしょうか?
一番は、金融取引業者の免許を持っている正規の業者を選ぶということになるのですが、インターネット上には、怪しい業者もありますので注意が必要です。
できれば、大手の国内企業が運営するサービスを、利用した方が安心だといえます。
あと、最初のうちは少額の積立金から始めてみることです。
途中から資本金を追加で入金することはできますので、やり始めは、焦らずに少しずつ増やす心構えで、ロボアドバイザーを安全に活用してみましょう。

ロボアドバイザーの基本 | 09月11日更新