ロボアドバイザーの基本を知ろう! | ロボアドバイザーのきほんのき 利回りから税金まで

ロボアドバイザーの基本を知ろう!

自分のお金を、できるだけ安定した形で増やしていきたいと思いませんか?
ロボアドバイザーを活用すれば、それが可能になるかもしれません。
ロボアドバイザーは金融取引業者が提供する自動資産運用サービスのことです。
今回は、このサービスの基本的な仕組みについて、紹介していきたいと思います。

▼ 目次

ロボアドバイザーとはなんなのか?

ロボアドバイザーは、金融アルゴリズムが膨大な情報データを自動で分析して投資家の資金を自動運用するサービスのことです。
資金を預けた投資家は、運用状況を管理するだけで、全く何も手を出さず資産運用を行うことができます。
ポートフォリオの管理も全て自動でアルゴリズムが行いますので、投資の知識が全く無いビギナーでも、効率よく資産を増やしていくことが可能です。

ロボアドバイザーの基本的な戦略は、資産を長期的に運用していくスタイルとなっています。
投資家が預け入れた資本金は、毎月一定額を分散して銘柄に振り分けられ、コツコツと積み立てていく戦略をとっています。
これにより、時間の分散と資本金の分散の両方でリスクを軽減しており、相場が不調な時でも取得平均を下げながら最適なポジショニングをとっていくのが、ロボアドバイザーの強みだといえるでしょう。

ロボアドバイザーの利回り

そんなロボアドバイザーの期待利回りは、年利6%前後だと言われており、調子の良い時悪い時によって変動はするものの、比較的安定した運用が期待できると言われています。
実際にロボアドバイザーを利用した人の声を聞いても、今まで資産運用でうまくいかなかった人でも、ロボアドバイザーに切り替えた後は、コツコツと運用が成功しているようです。

ちなみに、ロボアドバイザーの投資銘柄対象は、リスク選好の株式から始まり、上場投資信託や国債など、幅広い銘柄にバランスよく投資していきます。
銀行の定期預金よりも預けると高い利回りが期待できますので、高額な資本金を預ける人からも人気があるサービスです。
ロボアドバイザー業者の中には、3000万円以上を預けると手数料が半額になる設定にしているところもあり、業者選びを慎重に行えば手数料コスト自体も抑えて運用することが可能です。

ロボアドバイザーとシステムトレードの違い

ロボアドバイザーは、システムトレードに少々似ているという意見もあります。
システムトレードというのは自動売買プログラムを使って、オートマチックで取引を行う取引のことです。
ロボアドバイザーも同じように自動で取引を行うのですが、内容と目的が全然違います。
ロボアドバイザーは、資産運用におけるポートフォリオ管理が目的となっていますので、複数の銘柄に分散された資本金を、随時調整していくのが主な役目となっています。
システムトレードは単一銘柄に対して、発注の指示を出すだけのプログラムですが、ロボアドバイザーのプログラムは、より複雑な内容となっているのが特徴です。

また、ロボアドバイザーの中には、税金を最適化してくれる機能も備わっているため、含み損を決済して所得を圧縮しながら、所得税を節税していく機能が備わっているものもあります。
ロボアドバイザーの機能は、取り扱う業者によって違いますので、公式ホームページを確認しながら自分に合った業者を選ぶようにするといいです。

ロボアドバイザーとシステムトレードどちらを利用した方がいいのかと言うと、初心者はロボアドバイザーの方が断然扱いやすいです。
システムトレードは、そもそも投資の知識がなければ、インディケーターを取り扱うことができません。
また、自分でプログラムを組む知識もある程度は必要になりますので、少々ハードルが高いです。
ロボアドバイザーは、投資する資金さえあれば、いつでも始めることができるため、初心者向けなのはロボアドバイザーの方です。

ただ、ロボアドバイザーは、システムトレードと違って証券会社のような金融取引業者に手数料を支払わなければなりません。
システムトレードは、MT4のようなプラットフォームさえあれば、手数料を支払わなくても自分でプログラムを組んで走らせることができますので、上級者は、システムトレードの方を利用するのもありかと思われます。
ただ、ロボアドバイザーは、アルゴリズムが同時に多数の銘柄を分散しながら、一括管理をしますので、人の手ではできない効果的なリスク分散が実現可能です。
気になる人は、ロボアドバイザーについて十分に調べてみると良いでしょう。

ロボアドバイザーの利用の仕方

ちなみにロボアドバイザーの口座を開設するには、業者のホームページから口座開設の申請をする必要があります。
本人確認書類が用意されていれば、すぐに申し込むことができますので、チャレンジしてみてください。
申込みには、それほど時間がかかりません。
ただ口座開設通知のハガキが届くまでには時間がかかりますので、ロボアドバイザーがやりたい人は、早めの申し込みを行うようにしましょう。

ちなみに口座開設する時には、一般口座と特定口座があり、特定口座の源泉徴収ありを選んでおくと、後々納税の手続きが省略できますので、大変楽に取引を続けることができます。
この機会に、ロボアドバイザーの詳しい詳細を、サービス提供業者のホームページで調べてみましょう。